口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

【大阪ガス】人気の給湯器ピックアップ3選

- 登録日:
- 更新日:

大阪ガスは近畿エリアを中心として、国内外に数多くの拠点を展開しながらガス機器や給湯器などを販売している企業です。このページでは、大阪ガスの人気給湯器やそれぞれの製品の特徴を紹介していますので、ぜひ比較検討の参考にしてください。

大阪ガスのおすすめ商品3選

※2021年8月3日の価格.comを基準に商品をピックアップ。

エコジョーズ給湯暖房機235-R240

型番 235-R240
希望小売価格 442,200円(税込)
湯ドクター
販売価格
取り扱いなし

屋外壁掛設置型の給湯暖房機(エコジョーズ・シリーズ)です。暖房は2温度設定で、給湯能力は24号のオート設定。24号給湯器であれば、水温が15℃の時に40℃のお湯を毎分24リットル流せることが特徴です。サイズは高さ600×幅470×奥行240mmのコンパクトな給湯器となっており、対応するガスの種類は都市ガスのみとなっています。

エコジョーズ給湯暖房機235-N200

型番 235-N200
希望小売価格 公式サイトに記載なし
湯ドクター
販売価格
取り扱いなし

サイズが高さ615×幅464×奥行240mm、屋外壁掛設置方式のガス給湯暖房機です。プリオール(強制循環)タイプとなっており、給湯器としての能力は24号となっています。マイクロ湯浴に対応しているコンパクト型ガス給湯器であり、ガス種は都市ガス13Aのみに対応しています。専用リモコンとして「238-N310型」などの風呂・台所両対応リモコンなどが用意されていることも特徴です。

ジェットオート・エコジョーズ235-N700型

型番 235-N700
希望小売価格 390,500円(税込)
湯ドクター
販売価格
取り扱いなし

大阪ガスのエコジョーズシリーズであり、ジェットオート・ジェットフロー(高温差し湯)タイプの給湯暖房機です。給湯能力は24号の自動式となっており、対応ガス種は都市ガス13Aとなっています。設置スタイルは屋外の壁掛け式となっており、全体サイズは高さ750×幅480×奥行240mmのモデルです。

その他の給湯器

プリオール・エコジョーズ335-N200型

型番 335-N200
希望小売価格 450,780円(税込)
湯ドクター
販売価格
取り扱いなし

大阪ガスのガス給湯暖房機の中でも、プリオール・エコジョーズ製品の一種です。追い焚き時には、冷めた湯をポンプで強制的に吸い込んだ上で、給湯器本体で加熱して再び浴槽へ戻す方式(プリオール・エコジョーズ)が機能します。給湯能力は24号となっており、335-N200の他にもサイズ別に複数のプリオール・エコジョーズ強制循環タイプが展開されています。

エックスマークII・エコジョーズ235-R881型

型番 235-R881
希望小売価格 346,500円(税込)
湯ドクター
販売価格
取り扱いなし

大阪ガスのガス給湯暖房機です。追い焚きはできないモデルとなっており、お湯が冷めればその都度、新しくお湯を温めた上で浴槽へ流し込むタイプとなっています。

大阪ガスが取り扱っている給湯器の種類

大阪ガスでは、給湯器と暖房機がセットになったガス給湯暖房機や、台所や風呂場で使うための給湯器など、様々な給湯器を販売しています。お湯の量を変えずに冷めた湯を温め直すモデルから、温めたお湯をそのまま流し込むモデルなど、複数のタイプの給湯器が展開されていることも特徴です。

それぞれの給湯器にはセットの専用リモコンが用意されており、キッチンや風呂場でスイッチを押すだけでお湯張りを完了させることができます。

大阪ガスの給湯器の特徴

大阪ガスは東京ガスや東邦ガスなどと並んで、大手4大都市ガス事業者に含められる業者であり、都市ガスの販売からそれに対応したガス給湯器の販売まで幅広く取り扱っています。コンパクト型のガス給湯器や集合住宅向けのガス給湯器、給湯と暖房が同時に行えるガス給湯暖房機など、様々な給湯器がニーズに合わせて用意されていることも特徴です。

省エネ給湯器「エコジョーズ」シリーズ

大阪ガスの「エコジョーズ」は、省エネ給湯器として、燃焼ガスの熱も給湯や暖房に活用する潜熱回収型となっています。これにより給湯効率や暖房効率を高めつつ、省エネ設計で光熱費を下げるなど、複数のメリットを同時に追求できることがポイントとなっています。

エコジョーズの設置にはドレン排水処理を行うためのドレン配管を設置しなければなりませんが、集合住宅にもドレン配管工事が行えるようになっており、さらに中和器で酸性のドレンを中和して配管の腐食リスクを低減していることもポイントです。

お湯張りから追い焚きや足し湯まで全自動対応

全自動タイプの給湯器と、自動タイプの給湯器が用意されています。全自動タイプであれば、自動でお湯張りがスタートし、設定している湯量で自動的に給湯が停止します。また、湯温が低下すれば自動で追い焚きが行われ、さらに湯量が減れば自動で足し湯まで実行してくれることも特徴です。

自動タイプの場合、お湯張りまでが自動で行われ、その後は設定した時間の湯温を適切に保ってくれます。

選べる追い焚きタイプ

追い焚きや湯温のキープに関して複数の方式が採用されていることも特徴です。

まず、ポンプの力で浴槽から冷めた湯を強制的に吸い込んで、給湯器内で加熱して再給湯するプリオールタイプがあります。さらに、お湯張りと同じアダプターで浴槽へ新しいお湯を流し、浴槽のお湯と混ぜて温度調節を行う「ジェット・オート」も人気です。

なお、追い焚き機能を持たず、お湯を温めたい時には毎回新しいお湯を流し込むモデルもあります。

大阪ガスの給湯器交換費用が高い?

大阪ガス会社に限らず、ガス会社で給湯器交換を行うと、どうしても費用が割高になるもの。その理由は、主に「割引率」と「ネームバリューによる安心感」です。それぞれの理由について詳しく解説していくので、給湯器交換の際の参考にしてください。

割引率があまり高くない

私たちが高額な買い物をする際、割引をされることが多くあります。給湯器を交換する際も同様です。本体やリモコンなどの割引が行われます。しかし、ガス会社に交換を依頼した場合は、大阪ガスは下請けのサービスショップに給湯器の販売や交換を委託。中間マージンが発生し、コストがかかってしまいます。このコストの分、割引率が下がってしまうのです。大阪ガスを始めとするガス会社に直接給湯器交換を依頼すると、割引率は最大で2割程度。給湯器取り扱い業者に依頼するケースよりも費用が高く感じてしまいます。

ネームバリューによる安心感

「大阪ガス」と言えば、関西では知らない人がいないほどの大企業。ほかの大手ガス会社も、大阪ガス同様に高いネームバリューがあります。ネームバリューは安心感・信頼感につながるもの。大手ブランドの安心感はタダでは得られません。一般的な相場よりも大手企業の給湯器の価格は割高です。給湯器交換の費用も高くなります。

大阪ガスに給湯器交換を依頼するメリットとデメリットは?

大阪ガスで給湯器交換を行うメリット

安心感

大手のガス会社に依頼する一番のメリットは、安心感です。名前を知っているだけでもほかの業者より親近感・安心感がわきます。日ごろから接しているスタッフいるなら、相談しやすい企業とも言えるでしょう。また、給湯器設置後もガスを使用し続ける限り、アフターケアに対応してくれます。大手なら倒産のリスクが低く、工事後も安心して給湯器を利用し続けられるでしょう。

品質への信頼感

大阪ガスにはエコジューズ給湯器を約104万2千台を設置したという実績があります。これほどまでに多くの人々から選ばれているのは、地域に密着し親しまれており、高い技術力による品質の高い施工を行ってきたからです。大手だからこその実績は信頼感が持てるポイントです。大阪ガスは、楽天リサーチが2015年9月に行った給湯器の修理サービスのアンケートで顧客満足度1位でした。輝かしい功績です。交換・修理の品質の高さの証と言えます。

参照元:大阪ガス公式(https://home.osakagas.co.jp/communication-word/anzen-support.html

初期費用を抑えられるサービスあり

給湯器交換は決して安くありません。突然の出費に経済的負担が大きいと感じる方もいるでしょう。大阪ガスでは「らく得リース」というサービスを提供しています。このサービスを活用すれば、初期費用を抑えられ、給湯器やリモコンの購入費用・標準工事費用などコミコミで2526円/月から利用可能。さらにリース期間は、無償の修理サービスもついているので、安心して利用できます。

大阪ガスで給湯器交換を行うデメリット

割引率が低い

大手のガス会社になれば、交換などの作業は基本的に下請けの会社に依頼するケースが一般的です。中間マージンが発生するため、プラスアルファの費用がかかります。結果的に割引率が抑えられてしまうことも。少しでも費用を抑えたい方にとってはデメリットと言えます。別の会社と相見積もりを行い、費用を比較・検討したほうがいいかもしれません。

給湯器交換まで日数がかかることも

大阪ガスで給湯器交換を行う場合、大阪ガスのサービスショップの担当者が現地まで足を運び、見積もりを実施。利用者が見積もりに納得したら、給湯器交換を行うのが基本的な流れです。ほかの給湯器交換を専門に行っている専門業者の場合、現地での見積もりはなく、公式サイトでの見積もりだけで完了できるところもあります。両者を比較すると、現地まで足を運ぶ分、大阪ガスの方が給湯器交換に時間を要してしまうでしょう。大阪ガスが何らかの対応を行ってくれる可能性もあるので、急ぎの場合には早い対応ができるかどうか相談してみてください。

大阪ガスの給湯器を取り扱っている給湯器販売取り付け業者

大阪ガスは大手ガス事業社として、ガス給湯器の販売や設置、その後のメンテナンスなどをまとめて行っています。また、大阪ガスの給湯器は専門の取り付け業者が設置工事を行う場合も少なくありません。

コスト面で取り付け業者の方がメリットを追求できる可能性もあります。しかし、業者によっては保証やメンテナンスなどのサービス面で不利になる可能性も。まずは自分のニーズに適しているかどうか、きちんと比較検討するようにしてください。

正直屋 クラシアン 湯ドクター
給湯器の割引率
最大81%

正直屋
公式サイト

給湯器の割引率
最大80%

クラシアン
公式サイト

給湯器の割引率
最大82%

湯ドクター
公式サイト

 

サイトマップ