口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

メーカー違いの給湯器交換について

- 登録日:

メーカー違いの給湯器に交換する際の注意点や製品の選び方などについて解説します。交換できるケースなのかどうか、購入前にチェックしておきましょう。

メーカー違いの給湯器でも交換できる?

メーカーが違っても給湯器交換は可能

基本的に、現在に使用している給湯器から、違うメーカーの給湯器に交換することは可能です。ただし、全ての給湯器を自由に入れ替えられるわけではありません。給湯システムに違いがあったり、対応可能なガスの種類が異なっていたりするためです。

また、給湯器の種類によっては設置場所や環境が変わってしまうことも。メーカーごとの違いや特性を把握しておく必要があります。設置条件にマッチした給湯器かどうか、事前に確認してから交換する製品を検討しましょう。

メーカーの違いによって機能に差があるケースも

日本の大手給湯器メーカーから販売されている給湯器に限っていえば、どのメーカーを選んでも大きな違いは基本的にありません。しかし、メーカーによって力を入れている分野が異なる場合も。

「電気給湯器」に力を入れていたり、「ガス給湯器」に力を入れていたりといった具合です。実際に製品を選択する際は、メーカーが個性を発揮している分野や機能を確認した上で検討するのが大切。

また、製品コンセプトやデザインの特徴もメーカーによって違います。別メーカーの製品に取り替えることで、外観や雰囲気に変化が生じるかもしれません。「給湯器は見た目も大事!」という方は押さえておきたいポイントです。

メーカーによって保証期間やサービス内容に差がある

給湯器を設置した後のサービスや保証に、メーカーごとの違いが出るケースもあります。

メーカーによって差が出るのは、給湯器の保証期間や不具合が生じた場合のサービス対応などのアフターフォローが主。こういった違いは、給湯器メーカーそれぞれが、独自の設計や仕様を追求しているために生じるものです。

給湯器のアフターケアや定期メンテナンスは、販売業者や設置業者が独自のサービスを提供している場合もあります。メーカーごとの違いだけでなく、販売業者や設置業者ごとの違いも確認しておくのがおすすめです。

メーカー違いの給湯器へ交換する際の注意点

専用の枠を必要とするPS設置

給湯器の取付方法のひとつに「PS設置」があります。マンションやアパートなど集合住宅の壁面に埋め込みスペースを設けて、そこへ給湯器を収納する方法です。

PS設置の場合には、埋め込みスペースに対応しているサイズや形状でなければ給湯器を設置できません。同じタンク容量でもメーカーによって給湯器のサイズが変わるような場合だと、交換が難しくなります。

また、給湯器をスペースに固定する専用枠の形状がメーカーによって異なるのも要注意ポイント。専用枠はメーカーごとに形状が決められている場合が多く、メーカー違いの給湯器では既存の専用枠へ取り付けられないリスクがあります。

PS設置されている給湯器を交換する際には、専用枠の交換にかかるコストも考慮しておきましょう。

配管位置の違いによる加工・調整

同一メーカーの給湯器であれば、配管の形状や接続位置も同じように設計されているもの。しかし、メーカーが異なればそれぞれの内容が異なってしまうケースもあります。

配管の接続位置が異なれば、交換に際しても再接続を可能とするための加工が必要です。特に注文住宅など、既存の給湯器に合わせてガス管の位置が決められているような場合、新しい給湯器の設置時に配管の延長や調整といった加工が必要になるかも知れません。

周辺部材の形状違いなど

給湯器まわりの見た目を整えるため、配管カバーを利用することがあります。が、これらの周辺部材はメーカーによって形状やサイズが異なるケースも。今までと違うメーカーの給湯器へ交換するなら、本体だけでなく周辺部材のコストも追加する必要があるかもしれません。

独自機能や特許技術などの違い

メーカーによっては、独自の技術や機能を製品アピールにしています。既存の給湯器のメーカーから別のメーカーへ変更することで、これまで使用できた機能が使えなくなるかもしれません。

新しい機能を追加できるメリットと、以前の機能が使えなくなるデメリットをしっかり比較して考えるのが大切。それぞれの製品やメーカーの特徴を確認しておきましょう。

設置業者によって取り扱いメーカーが異なる

メーカーによる給湯器の制限がなかったとしても、設置業者によって取り扱いメーカーや製品が異なる場合があります。事前に色々と考えて選んだ給湯器でも、普段メンテナンスを依頼している設置業者・代理店がその製品に対応していないかもしれません。

設置業者が取り扱っているメーカーを最初に確認しておくのが大切です。

設置業者の制限があるかどうかをチェック

戸建て住宅であれば、家を建てた時からお世話になっているメンテナンス業者がいるかも知れません。マンションやアパートの場合、契約内容によってはオーナーや管理会社が設置業者を指定してくる場合もあります。

特にマンションで給湯器を交換するようなケースでは、室外機を設置するバルコニーやベランダが共有部分になっていることも。その場合には、あらかじめ管理組合や管理会社への相談が必要です。

設置業者を自由に選んでよいかどうか、事前に確認しておくべきと言えます。

正直屋 クラシアン 湯ドクター
給湯器の割引率
最大81%

正直屋
公式サイト

給湯器の割引率
最大80%

クラシアン
公式サイト

給湯器の割引率
最大82%

湯ドクター
公式サイト

 

サイトマップ