口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選
給湯器販売取付け設置業者はどこがいいの?いろんなポイントで比較! » 給湯器の設置・交換の前に知っておきたいこと

給湯器の設置・交換の前に知っておきたいこと

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

このカテゴリーでは、給湯器の交換・設置の前に知っておきたいことをまとめてみました。

給湯器の設置に関する基礎知識を紹介

いざ給湯器を購入しようとすると、専門用語が多かったり、種類が多過ぎたりしてなかなか決められないとうことが多いようです。

給湯器は、決して安い買い物ではありません。また、購入後、10年以上は使用し続けるものです。

その割に情報を得にくいため、知識がないままメーカーや設置業者の言うままになってしまっています。

次ページからは、給湯器選びや交換・設置の際に知っておきたいこととして、次のポイントを紹介しています。ぜひ参考にしていただければと思います。

給湯器の選び方
お湯の量を示す号数とは? 機種タイプ別の機能とは? など、給湯器を選ぶ際に、最も気になる基礎的な内容をまとめています。

エコと節約について
エコ機能を備えた給湯器は、初期費用が高額です。購入後の節約効果は?元はとれるのか?という疑問や、給湯器に関する節約術を解説しています。

リンナイとノーリツ、選ぶならどっち?
番外編として、多くの方が気にしているリンナイとノーリツの性能差について解説。国内2大メーカーを検討する方のための情報をまとめました。

メーカー違いの給湯器交換について
基本的に、現在の日本の一般家庭で流通している給湯器メーカーの製品であれば、現状の給湯器とは異なるメーカーの製品でも交換が可能です。しかし、メーカーによっては同等の性能の給湯器でも、サイズや形状に違いがあります。また、配管の位置が変わったりする場合もあり、現在の設置環境に新しい機種がマッチするかどうかの確認は欠かせません。まずはメーカー違いの給湯器交換についての概要を把握しておくのが大切です。

給湯器の設置タイプについて
一般的に家庭用給湯器には4種類の設置タイプが存在します。それぞれに給湯器の形状や設置方法、設置場所の加工といった条件が異なるので要注意。設置タイプが違う給湯器を選択してしまうと、いざ取り付けようとした際に問題が生じたり、そもそも設置不可能といった事態になったりします。あらかじめ設置タイプや環境をチェックするのがポイントです。ここでは設置タイプごとの特徴や注意点をまとめました。ぜひ給湯器選びの参考にしてください。

給湯器に関するその他の基礎知識

給湯器の水抜きについて

特に寒冷地など、外気温が氷点下にまで至るような地域や季節では、給湯器の内部に溜まっている水が夜間や早朝に冷やされて凍ってしまい、給湯器を使えなくなるといったリスクが生じます。そのため、給湯器や給水配管の中の水をあらかじめ除去しておくことで凍結を防止する「水抜き」が重要となります。ここでは給湯器の水抜きの必要性や、その他の凍結防止方法などについて紹介していますので、日常のメンテナンスの参考にしてください。

>>給湯器の水抜きについて詳しくみる

ガス給湯器のガス代はどのくらい?

ガス給湯器に用いるガスには「都市ガス」と「プロパンガス(LPガス)」の2種類があり、それぞれガスを燃焼させた場合の発熱量や基準単位料金が異なります。そのため、給湯器のガス代を考える場合は、まず自分の住んでいるエリアが都市ガスとプロパンガスのどちらに対応しているのか確かめることが必要です。ガス代の無駄を減らしてお得に給湯器を活用していくためにも、ガス代の仕組みや節約ポイントなどをしっかり把握しておきましょう。

>>ガス給湯器のガス代について詳しくみる

給湯器が原因の火災や事故について

ガスを使う給湯器では、経年劣化や災害などで機械に不具合が生じたり、不適切な使い方をしたりすることで火災や爆発といった事故のリスクが高まります。給湯器が原因で火災が発生する流れには複数のものがあり、それぞれについて理解した上で適切な予防対策を心がけなければなりません。給湯器が原因の火災について正しい知識を備えておき、危険を回避することはもちろん、もしもの際にも迅速に行動できるよう準備しておいてください。

>>給湯器が原因の火災や事故について詳しくみる

 

サイトマップ