口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

給湯器の水抜きについて

- 登録日:

給湯器の水抜き

水抜きは重要な給湯器のメンテナンス

給湯器の水抜きとは、給湯器の配管内部に残っている水を除去して、配管内の水分が凍結することを防ぐための日常的なメンテナンスです。

例えば寒冷地の冬場のように、夜間や早朝などに気温が氷点下に達して給湯器本体や配管が急激に冷やされてしまう地域では、内部に残った水が凍結してしまい、夜が明けてからお湯を出そうとしても氷が詰まって流れてこないといった状況に陥ってしまいます。また、水は凍ることで体積が増すため、場合によっては内部が凍ることで配管などが破損してしまう恐れもあるでしょう。

そのため、地域や季節によってはあらかじめ給湯器内部の不要な水を抜いておき、給湯器の凍結やトラブルを防ぐといったことが日常の作業として必要になります。

水抜きの方法は給湯器ごとに異なる

ガス給湯器の場合はガスの元栓を閉めたり、あるいは給湯器の電源をオフにしたりと、一般的に共通する水抜きの方法や手順は存在します。しかし、基本的に水抜きの方法は給湯器の種類やメーカーなどによって異なるため、いざという時に焦らないよう事前に取扱説明書や設置業者に確認しておくことが重要です。

なお、給湯器を使用した直後は高温のお湯が残っているため、やけどをしないように給湯器が冷めるまで時間を置くことも大切です。

もしも水抜きの手順が分からない場合、不用意に給湯器を分解したり触ったりするのでなく、まずは設置業者や給湯器のメーカーへ問い合わせるほうがより確実に対応できるでしょう。

水抜きを忘れると絶対に給湯器が凍結するのか?

うっかり水抜きを忘れてしまったり、思いがけない気温の急降下などで水抜きが間に合わなかったりした場合、給湯器の凍結リスクや故障リスクが増大します。

ただし、実際に水抜きが必要かどうかは、地域の気候や季節だけでなく、製品や配管の位置関係、給湯器の設置場所によっても変わります。そのため、基本的には給湯器を設置する段階で水抜きが必要かどうか確認しておくことが望ましいでしょう。

なお、どのような給湯器や配管状況であったとしても、リスクが少しでもある場合は安全策として適切な水抜きを行うことが肝要です。

水抜き以外の給湯器の凍結防止方法

水抜きの他にも、給湯器の凍結を予防する方法には複数のものがあります。

常に電源を入れたままにする

一般的に、家庭用に普及している給湯器には「凍結予防ヒーター」や「自動ポンプ運転装置」といった凍結防止機能が搭載されており、通電さえしていれば凍結を防止することも可能です。

ただし悪天候による停電や、思いがけず電源プラグが外れてしまっているような場合、通電が止まって適切な凍結予防機能が作動しないため、停電の可能性がある場合は水抜きを行っておくことが肝心です。

なお、凍結予防機能が作動しない原因として、温度を感知するシステムが故障しているといった可能性もあります。

水を止めない

基本的に、水は流れ続けていると凍結しにくいといった特性があります。そのため、夜間も少量の水を出し続けておくことで、給湯器の配管内の水を常に流して凍結を防止するといったことも可能です。

ただし、流れている水はあくまでも凍りにくいというだけであり、極度に低温下では蛇口を開いていても凍結する可能性があるため注意してください。

配管へ保温材・断熱材を巻く

給湯器の中で最も凍結が生じやすい部分は、外気温の影響を受けやすい配管です。そのため、配管の周囲に保温材や断熱材を使用して、外気温の低下による影響を軽減するといったことも有効です。

配管に使用する保温剤や断熱材はホームセンターなどで販売されていますが、購入する際は適合するかどうかなどを事前に確認しておくようにします。

配管へヒーターを巻く

保温材や断熱材の他にも、電源を利用して凍結を防止するヒーターを使うことも可能です。

ヒーターは電気で熱を発生させる機能と、周辺の温度を感知するサーモスタットがセットになっていることもあり、それぞれがきちんと作動するように設置することが重要です。

なお、給湯器の凍結予防機能と同様に、電気で作動するヒーターの電源が外れたり停電したりしてしまった場合、凍結リスクが高まってしまうため注意してください。

給湯器が凍結してしまった時は?

給湯器が凍結してしまった場合、自分で解決できることもありますが、状況によっては専門業者へ依頼しなければならないこともあります。

自然解凍

気温が高くなってくれば、自然に氷が溶けて給湯器が正常化するかも知れません。しかし昼間でも気温が低いままの場合、自然解凍は難しくなります。

ぬるま湯をかける

ぬるま湯を凍結している配管部分にかけて強制的に氷を溶かすといった方法もあります。

しかし必ずしも目的の部位だけが凍っているとは限らず、また、ぬるま湯をかける際に電源コンセントなどへかからないよう注意しなければなりません。

業者へ依頼

給湯器の凍結に限らず、不具合や故障リスクが生じた場合、速やかに業者へ依頼して解決することが最善の策になることも少なくないでしょう。

専門業者へ依頼するとコストがかかりますが、給湯器の凍結を放置していればさらに問題が悪化することになり、素人が不用意に修理しようとして故障が本格化する恐れもあります。

また、一度でも専門家へ依頼しておけば次に修理を依頼する目安も教えてもらえるため、知見を得るために修理業者を呼ぶことも有効な手段です。

正直屋 クラシアン 湯ドクター
給湯器の割引率
最大81%

正直屋
公式サイト

給湯器の割引率
最大80%

クラシアン
公式サイト

給湯器の割引率
最大82%

湯ドクター
公式サイト

 

サイトマップ