口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

大雨の日に給湯器の調子が悪い原因と対処法

- 登録日:
- 更新日:

普段は正常に運転している給湯器が、大雨の日に限り調子が悪くなるというケースがあります。ここでは、大雨の日に給湯器の調子が悪い原因と対処法について解説します。

大雨の日に給湯器の調子が悪い原因

2000年代以降に製造された給湯器は水が入りにくい構造となっているため、大雨が直接的な原因となる不具合は少なくなっています。ほかに考えられる原因をみていきましょう。

給湯器がきちんと閉まっていない

給湯器を一度でも開けて内部の確認をしたことがある場合は、カバーがきちんと閉まっているか確認をしましょう。ビスが緩んでいることやカバーがきちんと閉められていないためパッキンが機能していないなどの理由で、雨水が入り込む隙間ができます。水や湿気が給湯器内部の燃焼機器に悪影響を及ぼすことで、給湯器の不具合をひき起こします。

給湯器が破損している

給湯器に物理的な傷や破損個所がないか確認しましょう。上記と同様、傷や破損個所に穴や隙間ができることで雨水が侵入し、給湯器の不具合をひき起こします。

排気口から水が浸入している

大雨の日に起こる給湯器の不具合の原因として、給湯器に取り付けられている排気口があげられます。

給湯器本体は水の侵入を防ぐ構造となっていますが、排気口から雨水が浸入するケースがあります。大雨や暴風雨などで、雨水が横や下から入り込むことが不具合の原因です。

給湯器内部に湿気が溜まっている

豪雨により、給湯器内部に湿気が溜まることがあります。湿気が溜まることで内部の燃焼機器が正常に作動しなくなり、お湯が出ないなどの不具合が生じます。

給湯器が腐食している

給湯器内部の変化、あるいは腐食が原因となるケースがあります。見た目に傷や破損がない場合、経年劣化によるものと考えられるでしょう。

給湯器内部の燃焼機器が劣化していると、湿気や水の影響で上手く点火できず給湯器が正常に作動しません。

大雨の日に給湯器の調子が悪い場合の対処法

次に、大雨の日に給湯器の調子が悪い場合の対処法をみていきましょう。

給湯器上部に屋根を設置する

給湯器を雨や湿気から保護するための対処法として、屋根の設置がおすすめです。水に強いトタンやブルーシートを使うとよいでしょう。

とくに、給湯器に傷や穴が開いている場合は、応急処置として有効です。このような破損がみられる場合は一時的な処置とるため、早めに専門業者へも問い合わせるようにしましょう。

排気カバーを設置する

大雨や暴風雨の際は、排気口からの雨水浸入も防ぐ必要があります。屋根の設置にくわえて、排気カバーの設置もおすすめです。

ただし、排気がこもると大事故につながりかねません。必ず排気がこもらない仕様のものを設置しましょう。

給湯器下部に水除けを設置する

給湯器の下に土がある場合は、給湯器下部に水除けを設置するとよいでしょう。雨の日に土が濡れ給湯器に水が跳ねる、さらには土からの湿気を防ぐ役割があります。

給湯器を地面から離す

給湯器が地面と近い位置に設置してある場合は、地面から離すことも有効です。雨の日に地面からの水跳ねを防ぎ、給湯器への水の浸入を減らせるためです。

専門業者に依頼する

前述のとおり、2000年代以降の給湯器は水が入りにくい構造となっています。雨の日に限って給湯器の調子が悪くなるということは、給湯器内部に何らかのトラブルが起きている証拠です。水漏れやガス関連による不具合の可能性もあるので、速やかに専門業者へ依頼しましょう。

正直屋 クラシアン 湯ドクター
給湯器の割引率
最大81%

正直屋
公式サイト

給湯器の割引率
最大80%

クラシアン
公式サイト

給湯器の割引率
最大82%

湯ドクター
公式サイト

 

サイトマップ