口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

給湯器のお湯が異常に熱い場合の原因と対策

- 登録日:

給湯器のお湯が異常に熱い原因とは?

設定温度が高くなりすぎていないか確かめる

給湯器から出るお湯の温度が異常に熱いと感じた場合、考えられる原意として多いのが設定温度の調整ミスです。何かしらの操作ミスによって給湯温度を高く設定していたり、他の誰かが温度を高く設定してそのままにしていたりした場合、思いがけず温度の高いお湯が出てびっくりしてしまうこともあるでしょう。

また、使用するお湯の量が少ない場合、温度が一気に上がって設定温度よりも高くなってしまうこともあります。

もしも給湯器から出るお湯の温度が想像以上に熱かった場合、まずは給湯器の設定温度を確認して、問題がないか確かめるようにしましょう。

複数のリモコンがあるような場合は要注意

例えば、メインで使っているキッチンのリモコンでは設定温度が通常だとしても、サブとして使っている風呂場のリモコンでは設定温度が高くなっているといったケースも想定されます。

給湯器によってはそれぞれのリモコンの設定温度が異なっている場合、最後に変更された設定温度でお湯を出すというものもあり、複数のリモコンがある場合は全てのリモコンで設定温度を確認することが必要です。

夏場など外気温が高い日はお湯の温度が上がる?

真夏日など外気温が高い場合、配水管が温められているせいで、設定温度よりも熱いお湯が出やすくなることもあります。

外気温が高いからといってずっと異常に熱いお湯が出続けることはなく、多めのお湯を流してしばらく待てばやがて設定温度に落ち着くといったこともポイントです。

なお、明らかに常識を超えて熱くなっている場合やいつまで経っても温度が下がらない場合、他の原因も考えられます。

ガス栓や給水元栓がきちんと開いていない

ガス栓や給水元栓が全開になっていないと、給湯器のお湯が設定温度の通りに出てこないことがあります。

給湯器のお湯の温度が異常に熱いと感じた場合、ガス栓や給水元栓がきちんと開かれているかどうかチェックしましょう。

ガス漏れの有無も同時にチェック

ガス栓を触った覚えがないのに、ガス栓による影響で給湯器に何らかの異常が発生している場合、ガス栓や周辺部位の経年劣化やトラブルといったリスクも想定されます。

ガス栓を調べる際はガス漏れなどが起きていないかどうか、ガス管に亀裂が入っていないかどうかなど、安全を確認することも大切です。

なお、当然ながらガス栓やガス管に不具合を発見した場合は、直ちにガスの元栓を閉めて専門業者へ修理を依頼してください。

フィルターの汚れ・目詰まり

一つ穴タイプの浴槽を採用している家庭では、穴のフィルターに髪の毛やゴミがたまって水の通りが悪くなっていると、思いがけず給湯器から熱いお湯が出てくるといったこともあります。

フィルターは定期的に清掃をして、汚れや目詰まりを解消するようにしてください。

混合栓の不具合

水とお湯を混合して温度調節をしているような場合、混合栓に不具合が生じると適切な量の水やお湯を混ぜることができなくなり、思いがけず熱かったり、お湯がぬるかったりといった問題が生じます。

混合栓の不具合は素人では修理できるトラブルではないため、専門業者へ依頼して速やかに解決することが必要です。

給湯器本体の故障

設定温度や外気温、ガス栓などに何らのトラブルや異常もなく、それでも一向に給湯器の温度が安定しなかったり、お湯が熱すぎたりする場合、給湯器本体の故障が考えられます。

給湯器は電化製品であり、特別な問題がなくてもいずれ経年劣化によって耐用年数を超過してしまうことはあります。また、製品や使用状況、設置時の影響などによって想定していた耐用年数よりも短い段階で故障する可能性もゼロではありません。

給湯器の不具合は突発的に起きるものがあれば、事前に何かしらの予兆が生じていることもあります。給湯器の修理は専門業者へ依頼することが当然として、定期的なメンテナンスや点検によって日頃から給湯器の調子を確認しておくことで、問題が悪化する前に給湯器のトラブルへ気づける可能性も高まります。

給湯器が本格的に故障している場合、自然に問題が解決することはありません。

また、不具合が進行してガス漏れなどに発展すれば火災や、不完全炎症による一酸化炭素中毒といったリスクも高まるため、少しでもおかしいと感じれば速やかに専門業者へ依頼して給湯器の状態を確認してもらうことが無難です。

業者を呼ぶ間に換気をする

業者へ連絡して給湯器の故障を行う場合、業者を待つ間に換気をして万が一のガス漏れなどに備えておくことも大切でしょう。

給湯器のお湯の温度が熱い場合の業者選び

自宅と賃貸住宅の違い

自宅の給湯器が故障した場合、どの業者を選ぶかは基本的に個人の自由です。ただし、住宅メーカーや工務店によっては新築住宅について保障サービスを設けていることもあり、保障期間中は取引のある工務店やハウスメーカーなどへ連絡するようにしましょう。

一方、賃貸住宅や集合住宅の場合、大家や不動産管理会社が業者を指定していることもあります。また、給湯器の交換が必要になった際にはその旨を大家や管理会社へ伝えて相談することも重要です。

なお、指定業者の態度が悪いなど明らかに問題がある場合、大家や不動産管理会社へ相談して業者を変えてもらうことも方法の1つです。

無料の見積もりや相談ができるかどうか

給湯器の点検や修理、交換などのコストについて、事前にきちんと見積もりを行って提示してもらえるかどうかもポイントです。

給湯器の修理・交換に関するトラブルでは、実際の作業を行った後で思いがけない追加費用を請求されたり、最初にきちんと費用を教えてもらえなかったりすることもあり、明確な料金体系を設定しているかどうかは無視できません。

作業の経験や実績が豊富な業者を選ぶ

給湯器のトラブルは、給湯器の設置工事に原因があることもあります。給湯器はメーカーや製品によって特性が変わることもあり、様々な給湯器の設置や修理に関して経験と実績を有している業者へ依頼することが必要です。

また、電気工事や建築などに関して資格を有しているかどうかも業者選びの指標となるでしょう。

その他、再び問題が生じた場合に備えて保障制度があるかどうかといった点も要チェックです。

正直屋 クラシアン 湯ドクター
給湯器の割引率
最大81%

正直屋
公式サイト

給湯器の割引率
最大80%

クラシアン
公式サイト

給湯器の割引率
最大82%

湯ドクター
公式サイト

 

サイトマップ