口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

3位アイコン 正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
1位アイコン 湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施工件数8万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

湯ドクターの詳細はこちら
2位アイコン キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

給湯器が経年劣化によって故障する原因と対処法

- 登録日:
- 更新日:

給湯器を使い続けていると経年劣化で故障が起こりやすくなります。給湯器が経年劣化する原因と、万が一故障が起きた際の対処法について解説します。

給湯器が経年劣化する原因

給湯器の設計標準使用期間は10年

給湯器の寿命は一般的に10年前後だとされています。実際に給湯器メーカーの保証期限や修理用部品の保管も製造から10年間が目安にされています。そのため設置してから10年ほど経つと、経年劣化により故障が多くなるのも当然だと言えるでしょう。

また減価償却においても給湯器の耐用年数は15年とされています。給湯器は永久的に使えるものではなく、10年程度使用を続けると経年劣化により寿命を迎えるものです。

参考元:【PDF】総務省統計局(https://www.stat.go.jp/data/tanshin/pdf/zanka.pdf)

各部品の不具合が生じやすくなる

給湯器内部にはさまざまな部品が使われています。10年ほどが経過すると給湯器本体だけでなく、各部品に劣化や不具合が生じやすくなることも給湯器の経年劣化の原因です。

よくある例ではパッキンが劣化して水が漏れやすくなるなどの症状が見られるようになります。また給湯器本体にサビが出ている場合は、配管内部にもサビが発生している可能性が高いと考えられるでしょう。

給湯器本体が正常に稼働していても、使用されている部品が経年劣化して故障につながることもあるのです。

給湯器が経年劣化によって故障したときの対処法

それでは給湯器が経年劣化により故障した場合、どのように対処するべきなのでしょうか。故障したら修理をしてまた利用すれば良いと考える方もいるでしょうが、経年劣化した給湯器は修理をするよりも交換したほうが経済的です。

10年ほど前に製造された給湯器は、現行の製品に比べると省エネ性能が低いことが多いでしょう。また経年劣化した給湯器を修理して使い続けたとしても、再度何らかの故障やエラーが起こる可能性は否定できません。そもそも修理用部品の流通が終了しており、修理自体できないこともあります。

省エネ性能が低いこと、再度故障する可能性が高いことを考えると、省エネ性能と機能性が高く、故障する可能性の低い新たな給湯器に交換する方が経済的ですし、将来的な安心感もあります。新たな製品であればメーカーの保証もつくので、万が一故障が起きた際にも無償修理をしてもらえる可能性が高いはずです。

経年劣化により起こる症状と注意点

給湯器が経年劣化により古くなると、次のような症状が起こりがちになります。

給湯器の経年劣化により見られる症状はさまざまですが、ガスの臭いがしたり、黒い煙が出ていたりするなら安全のためすぐに使用を中止してください。給湯器から出る白い煙は、お湯を沸かす際に発生する水蒸気です。しかし黒い煙が出る場合は不完全燃焼を起こしている可能性が高いため、一酸化炭素中毒の危険性が高まります。

その他の症状についても、いつもは見られない異変が起きているなら使用を中止して、ランキングなどを参考にしながら給湯器の交換を検討されることをおすすめします。

正直屋 クラシアン 湯ドクター
給湯器の割引率
最大81%

正直屋
公式サイト

給湯器の割引率
最大80%

クラシアン
公式サイト

給湯器の割引率
最大82%

湯ドクター
公式サイト

 
ピックアップ関連記事

サイトマップ

関連ページ