口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
       湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施行件数1万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

       湯ドクターの詳細はこちら
キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

【東京ガス】人気の給湯器ピックアップ2選

東京ガスが設置をおすすめしているガス給湯器を2点ピックアップして紹介します。

東京ガスのおすすめ給湯器2選

ノーリツ エコジョーズ 屋外壁掛設置タイプ(24号)フルオート

型番 GT-C2462PAWX BL/浴室リモコンRC-G001SE-FCN・台所リモコンRC-G001M-FCN
定価 本体:41万6880円/浴室リモコン2万2572円/台所リモコン2万2572円
定価合計:46万2024円
湯ドクター販売価格 本体:14万5908円/標準リモコン2万4948円/標準工事費4万5360円
合計:21万6216円

ぬるさを感じる前に追い炊できる機能やスイッチを押すだけでたし水を行う機能が搭載されています。いつもの入浴を快適にしてくれるでしょう。リモコンを使用しないときは、運転スイッチ以外の表示が消えて消費電力を抑えることができます。

パーパス ふろ給湯器GXシリーズ【屋外据置形】フルオート

型番 GX-H2400ZR/浴室リモコンFC-700L/台所リモコンMC-700L
定価 本体:42万6600円/浴室リモコン:1万8900円/台所リモコン:1万6740円
定価合計:46万1970円
湯ドクター販売価格 本体:17万0640 円/標準リモコンTC-700L:2万1384円/標準工事費4万7520円
合計:23万9544円

エコ運転機能対応リモコンと組み合わせることで、エコ出湯・エコ保温・エコアラームの機能が使える給湯器です。出湯量が少ないときに設定温度を自動的に引き下げて、ガス消費量とCO2排出を抑えることができます。

東京ガスが取り扱っている給湯器をお得に購入できる「湯ドクター」の詳細はこちら

東京ガスは、東京に住む人々にガスや電気の供給はもちろん、ガス給湯器やガスコンロなどの設備の提供を行っているガス会社です。

1872年に日本で初めてガス灯が使われました。このときのガス事業は官営でしたが、東京府(今の東京都)の瓦斯(ガス)局長だった渋沢栄一氏が中心となり、1885年に東京瓦斯会社を設立。それから130年もの間、社会を支えるエネルギーとして東京のガス事業を支えています。

東京ガスが取り扱っている給湯器の種類

東京ガスでは、ノーリツ・リンナイ・パーパス・ハウステックの4社が製造する暖房風呂給湯器・風呂給湯器・給湯器・風呂がまを取扱っています。日本にあるほぼすべての会社の機器を選べるので、自分の家に合う給湯器を見つけることができるでしょう。

給湯能力の面も、機器によって「16号」「20号」「24号」「32号」を選択でき、エコジョーズかスタンダードを選ぶことも可能です。スイッチを押すだけでお湯張りから自動保温までしてくれる自動タイプと、自動タイプの機能に自動足し湯も加えた全自動タイプも選べます。

たくさんあって困ってしまうかもしれませんが、「東京ガスライフバル・エネスタ」の専門スタッフが見積もりに家まで来てくれるので、最適な給湯器が見つかりますよ。

東京ガスで給湯器を交換する場合のメリットデメリット

メリット

ガス会社としていつも利用しているので、まったく知らない業者に交換を依頼するよりも安心感があります。

依頼時の連絡先も、毎月の支払い明細を見ると分かるため調べやすいといえるでしょう。

デメリット

ガス会社はメリットに挙げたようなネームバリューで給湯器の交換依頼が入るので、給湯器自体が割引されず、交換費用が高額になる可能性が高くなります。

ガス会社によっては、選択できる給湯器が限られる場合もあるようです。少しでも機器の選択肢を増やして安く交換したければ、ガス会社に依頼するのはおすすめできません。

東京ガスで給湯器を買うと高い理由

東京ガスは、給湯器やコンロなどのガス機器全般を製造するのではなく、リンナイやノーリツなどのメーカーに製造してもらって仕入れています。販売は東京ガスライフバルや東京ガスエネスタ、東京ガスエネフィットなどいのグループ会社に委託しており、メーカーから仕入れた給湯器を販売会社に仕入れさせることがあるそう。

この場合、東京ガスはグループ会社から給湯器の卸し利益を得ていることになります。ガス会社はガスの供給がメインなので機器関連は安く卸しているでしょうが、販売店は「機器の販売の利益」が会社の経営を支えているため、大きな割引をすると経営に響くことに。

他の業者から購入するよりも給湯器が高くつくのは、このような理由で大きな割引ができないためです。

基本的にグループ会社は販売だけでなく修理や見積もりの依頼にも対応するので、接客の機会が多くなり価格を安くしなくても販売できます。この点も、東京ガスで給湯器を買うと高くつく理由といえるでしょう。

給湯器交換の場合の選択肢

給湯器が故障や不具合を起こして交換する場合、ガス会社・給湯器メーカー・給湯器業者という3種類の選択肢があります。

ガス会社に交換を依頼すると、東京ガスライフバル・エネスタ・エネフィットから担当者が見積もりに来てくれます。見積もりの費用は無料です。見積り後に購入希望があれば、機器販売・工事・各種契約を実施します。

給湯器メーカーは、給湯器に記載された連絡先に電話するとすぐに交換を依頼できます。ただし、メーカーは製造には携わっていますが、販売や取り付け、修理などは給湯器業者に委託している場合がほとんど。メーカーが住んでいる地域から業者を選定するので、依頼側が業者を選ぶことはできません。その場合給湯器の割引率も下がるため、交換費用が高額になります。

業者が多く競争の激しい給湯器業者は、自分の会社に依頼してもらうために給湯器の割引率を高く設定。最大で80%近くも割引できる給湯器を取り揃えていて、交換費用を安く抑えられます。アフターサービスや保証年数も充実しているのも特徴です。

東京ガスのアフターサービス・サポートに関して

保証期間内は無償修理が可能

東京ガスグループが販売したガス機器は、保証期間内であれば無償で修理してくれます。保証期間や範囲などは機器によって異なるので、ガス機器の保証書を確認するといいでしょう。販売保証期間を過ぎた機器や期間内でも保証規定以外の修理を行う場合は、修理費が必要です。

独自の点検サービス「あんしん点検」

東京ガスでは給湯器を有料で点検する「あんしん点検」も行っています。点検時点での製品の安全を確認するために行われ、東京ガスが委託した事業者が実施。長期間使用することで経年劣化による故障や不具合といった支障が生じるため、継続して安全に使用してもらえるよう点検を行います。

点検時期は使用開始から10年後がおすすめ。対象となる給湯器の設計上の標準使用期間が10年のためです。使用回数や使用環境等により劣化の進行度は異なるため、機器を使用している間はいつでも点検を受け付けています。

長期使用製品安全点検制度に基づく点検

屋内に設置されているガス瞬間湯沸器とガスバーナー付き風呂がまを対象に点検を実施。長期使用製品安全点検制度に基づき、経年劣化による事故を防ぐことが目的です。

点検結果に基づいて修理を行う場合は、別途費用がかかります。対象製品かどうかは機器本体にある「特定保守製品表示ラベル」で確認可能です。製品によっては「点検お知らせ機能」が搭載されているので、表示されたら東京ガスに連絡するといいでしょう。

換気機能付きの浴室暖房乾燥機に関する注意喚起

長期間使用されることの多い製品には、標準使用期間と経年劣化による事故への注意喚起の表示があります。東京ガスの機器では、換気機能付きの浴室暖房乾燥機が対象です。

東京ガスの給湯器に関してのまとめ

東京ガスはメーカーの製造した給湯器を仕入れており、販売をグループ会社に委託しているため給湯器の費用は割高で、割引率も非常に低いといえます。ただ、給湯器交換は東京ガスにお願いするので安心感があって頼みやすいでしょう。アフターサービスやサポートも手厚いです。

ただし、東京ガスではなく給湯器業者に依頼するほうが費用ははるかに安く済むので、給湯器交換を依頼する際は給湯器業者を選択肢に入れるといいでしょう。

>>給湯器の販売取り付け業者を紹介!悩んでいる人必見です!

よく読まれている関連記事

口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を比較して紹介!

リンナイVSノーリツ!2大メーカーの特徴を比較

 

免責事項

当サイトは2018年1月現在、個人が収集した情報をもとに作成しています。情報元は給湯器業者の公式サイトですが、一部個人ブログや問い合わせで得た情報も掲載しています。最新の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各社の公式サイトをご参照ください。

サイトマップ