口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
       湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施行件数1万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

       湯ドクターの詳細はこちら
キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

給湯器のこのエラーコードに注意!危険を知らせるエラーコード

給湯器が故障するとリモコンやモニター画面にエラーコードが表示されることがあります。エラーコードにはそれぞれ意味があり、その種類から原因を推測し、対策を練ることができます。給湯器のエラーコードは会社によって異なりますが、代表的な給湯器メーカーに共通するエラーコードをいくつか取り上げ、解説しているのでご覧ください。

特に危険なエラーコードを紹介

代表的な給湯器メーカーに共通しているエラーコードのうち、特に発生頻度が高いのがエラーコード111・112・113。これらのエラーコードは点火不良を知らせるものです。

寒い冬は、暖房を使用したり温かいお風呂に入ったりと、給湯器が大活躍する季節。しかし、使用頻度が急増することは給湯器の故障にもつながるのです。上記のエラーコードが出ると暖房や風呂などが使用できなくなります。寒い季節にこのような故障が起こるのは致命的。

そんな時のために対処法を知っておくことが大切です。

エラーコード111

エラーコード111は「給湯点火不良」。

このエラーが出るとお湯が出ない状態になります。

主な原因は天候の悪化。給湯器はある程度の雨風をしのげるように設計されていますが、激しい雨風にさらされると給湯器内に水が入り込み点火しずらくなってしまいます。

また、それ以外の原因でお湯が出なくなってしまった場合も、以下の点をセルフチェックできると心強いでしょう。

  1. コンセント・断線のチェック
    単純な理由ですが、お湯が出なくなった際は慌てずに一番最初にコンセントの抜けや断線がないかを確認しましょう。
  2. ガスの元栓が閉じていないか
    子どもが多い地域だと屋外に設置されている給湯器はいたずらされている可能性があります。元栓を触る機会はなくても念のため確認しておきましょう。
  3. ガスが無くなっていないか
    プロパンガスを使用している場合、ボンベの中のガスが無くなるとお湯が出なくなります。また、地震やガス漏れが起こると自動的に安全装置が働き、自動的にガスが使えなくなることも。ガスコンロなどを確認し、ガス自体が使えなくなっていないか確認しましょう。
  4. 着火に必要な内部の水が減っていないか
    給湯器の着火にはガスだけでなく一定量の水が必要です。ガスを確認しても問題がない時は、水量も確認してみましょう。

エラーコード112

ガス・風呂給湯器のエラーコード112は、「風呂点火不良」を意味します。エラーコード112が起こる主な原因は

の3つです。

対処法としては以下の通りです。

  1. ガスの元栓が閉じていないか
    まず、ガス栓が開いているかどうかをチェック。もしガス栓が閉じられている場合は、再度ガス栓を開いてから点火確認を行いましょう。
  2. ガスが無くなっていないか
    ガスコンロやほかのガス器具が点火できるかどうかを確認。他のガス器具で点火できない場合はガスメーターがガス供給をストップしている可能性があるので、メーターををチェックしてみてください。もし遮断されている場合はメーカー別のガスメーター復帰操作方法に従って復帰操作を行いましょう。
  3. 安全装置が作動していないか
    ガス給湯器を長い時間連続で使うとガス給湯器の安全装置が作動し点火しなくなるケースがあります。この状況の場合は一度蛇口を閉め、ガス給湯器リモコンのスイッチを切ってから再び付け直してください。この3つのチェックポイントを試してもエラーが出る場合、給湯器内の部品に問題がある可能性がありますので、専門の業者に修理を依頼しましょう。

エラーコード113

エラーコード113は暖房系統の点火が不良になった際に起こるコードです。

給湯機器は、床暖房や浴室の乾燥器と言った機器のスイッチを付けた際、ガスを燃やすために室外機の点火装置を作動させますがエラーコード113は室外機によるガス点火ができない際に出る信号というわけです。

このエラーコードは危険性が低く、ガス漏れの心配はないので落ち着いて対応しましょう。

一般的な処置方法としては以下の通りです。

  1. 運転スイッチを切る
    運転スイッチ(暖房付きの場合は放熱器・床暖房なども)をすべて「切」にします。
  2. ガスの元栓などを確認
    次にガスメーター・ガス元栓・オイルタンク元栓などを確認しましょう。
  3. ガス会社へ連絡

    一戸建ての場合は室外機が床暖房やお風呂乾燥機専用の機器であるケースがほとんどであり、自力で復旧するのは難しい状態です。速やかにガス会社へ修理依頼を行ってください。

    マンションの場合は1つの給湯器ですべての暖房機能をまかなっている場合がほとんどなので、台所でお湯が出るかを確認してから連絡すると安心です。

エラーコードが出たときの対処法

給湯器のエラーコードが出た場合は、すぐに修理を呼ばなければならないわけではありません。必ずしもエラーコード=故障ではないのです。

故障以外でエラーコードが出る主な原因は天候。凍結や台風が原因でエラーコードが表示されるケースもあるため、思い当たる場合は天候の回復後に給湯器をリセットするなどセルフ対応をしてみるとエラーが消えることもあります。

しかし、経年劣化や害虫、埃がたまることによって故障してしまう可能性もあるため、その場合はメーカーに連絡して修理してもらいましょう。

また、エラーコードには様々な種類がありますが、メーカーごとの取り扱い説明書に記載されているケースがほとんどです。説明書は大切に管理し、なくさないようにしましょう。

まとめ

給湯器のエラーコードで発生頻度が高いのはエラーコード111・112・113です。これらのエラーコードは台風や凍結など天候の悪化により起こるケースが多く、天候が回復すると治るような一時的なものケースもあります。

また、他のエラーコードが出た時でも給湯器のエラーコードへの対処は、給湯器に付属されている説明書があれば対応できるケースがほとんどです。大切に保管し、いつでも取り出せる場所にしまっておきましょう。

給湯器の販売取り付け業者を紹介!悩んでいる人必見です!

 

免責事項

当サイトは2018年1月現在、個人が収集した情報をもとに作成しています。情報元は給湯器業者の公式サイトですが、一部個人ブログや問い合わせで得た情報も掲載しています。最新の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各社の公式サイトをご参照ください。

サイトマップ