とことん比べます!評判の給湯器業者ランキング
とことん比べます!評判の給湯器業者ランキング

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の設置業者を比較しています

湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

昭和2年創業、施行件数1万件以上の圧倒的な実績。定価の最大65%引きで販売!無料延長保証もあり、365日24時間修理受付。迅速に対応してくれます。

湯ドクターの詳細はこちら
給湯器 ライフ LIFE

対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪

40年の実績あり。メーカーと第三者機関による延長保証サービスが受けられるので安心。依頼翌日には修理対応してくれます。

給湯器 ライフの詳細はこちら
アイリン アイリン

対応エリア:全国

平成4年創業。すべての商品が10年保証+点検付き。保証の充実と点検サービスに力を入れている点が安心です。

アイリンの詳細はこちら
HOME » 給湯器の設置・交換の前に知っておきたいこと » 給湯器の種類について

給湯器の種類について

このページでは、給湯器の種類について詳しく解説しています。

給湯器の種類

給湯器の交換や新設にあたり、メーカーのカタログやサイトを見ていると、さまざまな種類があることに気づくと思います。
以下に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

熱源の種類

給湯器の熱源には、以下の種類があります。

  ガス 電気 石油
特徴 都市部では最も一般的な熱源。ガスを燃焼させて水を加熱し、お湯にする。 近年台頭してきた熱源。従来機は電力で水を湯にし、貯湯していたが、エコ機は空気熱を利用する。 石油を燃焼させて水を加熱し、お湯にする。1970年代のオイルショックで利用が激減した。
メリット ★給湯量に限界を感じにくく、水圧が安定している。
★設置スペースが少なくて済む。
★故障しづらい。
★取り扱いが簡単で安全性が高い。
★ランニングコストが比較的安い。
★湯温が安定している。
★パワフルな給湯が実現。
★ランニングコストが最も安い。
★寒冷地でも動作する。
デメリット ★湯温にバラつきが生じることがある。
★一酸化炭素中毒に配慮する必要有。
★ランニングコストは比較的高い。
★初期費用が高い。
★広い設置スペースが必要。
★湯が足りなくなることがある。
★寒冷地では充分に動作しない。
★定期的な給油が面倒。
★排気作動音が大きい。
★湯温にバラつきが生じることがある。
★原油価格が高騰する可能性有。
エコ機器 ■エコジョーズ…従来機の排熱を利用し、CO2やガス消費を削減。
■エコウィル…ガス給湯と電力供給を行える機器。
■エネファーム…エコウィルと同機能だが、よりハイスペック。
■エコキュート…大気中の二酸化炭素を使用して熱を作る、環境にやさしい機器。 ■エコフィール… 従来機の排熱を利用し、CO2や石油消費を削減。
価格例 4~30万円(本体) 5~80万円(本体) 5~50万円(本体)

やはり熱源として最も一般的なのは、ガス。エコジョーズなどのエコ機器が登場し、お財布にも環境にも優しく、利用しやすくなっています。

エコ機の先鋒となったのは電気です。各社、オール電化住宅のバリエーションを増やしており、新築購入を考えている人は検討してもいいかもしれません。

石油はランニングコスト(燃料代)が安いので、こまめな給油が面倒ではないという人には、おすすめです。

給湯方式の種類

給湯方式には大別して、以下の2種類があります。

瞬間式

貯湯式

は使う時に必要な量のお湯を沸かすタイプ。水栓を開けると同時にバーナーが着火し、水を熱してお湯を作り出します。
ガス給湯器が最も一般的ですが、最近は石油給湯器でもこの方式を採用しているタイプが登場してきました。

は電気給湯器の基本スタイル。エコ機登場以前から深夜の安い電力を活用し、貯湯するシステムが採用されています。メリットとしては湯温が一定で、災害時などにも活用できることが挙げられます。
ただし大家族や急な来客の利用で、湯が足りなくなる可能性、というデメリットも…。ガス式に慣れていると、とても不便に感じてしまいそうです。

自宅のお湯の利用人数や使用頻度を考慮したうえで、最適な給湯器をチョイスするようにしてくださいね。

 

【メーカー別】イチオシ業者が扱う給湯器ランキング

さらに詳しく!項目別にみる給湯器業者ランキング

おすすめの給湯器取り付け業者リスト

給湯器の設置・交換の前に知っておきたいこと

給湯器の故障にかんするQ&A