口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!
口コミで選ぶ給湯器取付け設置業者を紹介!

実績や口コミ評判、対応力で給湯器の
設置業者を比較しています

正直屋 正直屋

対応エリア:ほぼ全国

4メーカー、100種類以上の給湯器を提供可能。年中無休20:30まで営業していて、電話1本で見積もり!

正直屋の詳細はこちら
       湯ドクター 湯ドクター

対応エリア:全国

創業90年で施行件数1万件以上の圧倒的な実績。工事&メーカー保証10年間で安心。24時間365日の電話対応!

       湯ドクターの詳細はこちら
キンライサー キンライサー

対応エリア:関東1都3県、関西2府2県

自社倉庫に給湯器を完備。当日・翌日OKのスピードが嬉しい。経験豊富なスタッフが対応!

キンライサーの詳細はこちら
評判の給湯器業者 3選

エコジョーズとエコキュートを比較

お湯を沸かすために必要不可欠な給湯器。一概に給湯器といっても、さまざまな種類があります。中でも迷っている方が多いのが「エコジョーンズ」と「エコキュート」、どちらにするかです。そもそもこの二つはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、エコジョーズとエコキュートの違いやどっちが人気なのか、それぞれを選ぶ時期についてまとめています。給湯器をエコジョーンズとエコキュートで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

エコジョーズとエコキュートの違い

エコジョーズとエコキュート、名前が似ているので同じような商品と思われがちですが、決してそんなことはありません。大きさや見た目、機能においてまったく異なります。それぞれの違いについて解説しているのでチェックしてください。

徹底比較!エコジョーズとエコキュートはどっちがいいの?

エコジョーズとエコキュートはどちらがいいのか、それぞれの項目で徹底比較しています。

本体の大きさ

エコジョーズの大きさ

エコジョーズの本体の大きさは幅480mm、高さ750mm、250mmとなっていることが多く、とてもコンパクトになっています。そのため、置き場所には困りません。お湯をつくる能力をあらわす号数が高くなったとしても、給湯器の大きさは変わらないのが特徴です。

エコキュートの大きさ

一方エアコンの室外機と似たような形をしているエコキュートのヒートポンプは幅820mm、高さ640mm、奥行き300mmものがほとんど。それに加え貯水タンクは幅630mm、高さ2200mm、奥行き790mmとなっているもの多いです。貯水タンクだけで約一畳分のスペースが必要となります。

比較した結果

エコジョーズとエコキュートを比べると、エコキュートの方が約10倍の大きさに。幅を取ってしまうので、設置場所に制限があります。

導入する際はどこに設置するのか、設置するペースをきちんと確保できるのかを確認するようにしましょう。

費用

導入費

エコジョーズGT-C24号(オート)の導入費用は24万7000円。本体が20万2000円、機器工事代が4万5000円といった内訳となっています。

エコキュート460L(フルオート)は導入費用が80万1000円です。内訳は販売価格が57万1000円、機器工事代13万円、電気工事代が10万円となっています。

比較した結果

両方を比べると、エコジョーズのほうが55万4000円お得です。エコキュートの場合は地域によって補助金が適用されるところもあるので、上記価格よりも多少安くなることがあります。

ランニングコスト

ガス会社の料金単価が違うので幅はありますが、エコジョーズは年間のガス代は6~10万円といわれています。プロパンガスを使用すると、割高になるケースが多いようです。

<エコキュートは深夜の安い電力を使用するため、給湯代は4~6万円。

比較した結果

エコキュートのほうが年間2~4万円お得となっています。ただし、貯水タンクに貯めている水を使いきってしまい深夜以外に沸き増しをすると、電気代が高くなるので注意が必要です。

エコロジー

エコジョーズの場合

エコジョーズの熱効率は95%と高くなっています。熱効率がアップするということは、使うガスの量が少なく済むことにもつながるのです。地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量は約11%削減します。

エコキュートの場合

エコキュートは、再生可能エネルギーである「空気熱」を利用した給湯器です。少ないエネルギーでお湯がたっぷり使用できるので、二酸化炭素の排出量を大幅に削減できます。

比較した結果

エコジョーズとエコキュートの二酸化炭素の排出量はほぼ同じといっていいでしょう。

水質

エコジョーズは都度お湯を沸かすので、清潔な状態で使用することができます。たとえ飲んだとしても、全く問題ありません。

エコキュートはタンクにお湯を貯めるので、古くなるとヘドロや赤さびがつくことも。メーカーのカタログには飲用はしないようにと記載があります。

今回の比較結果を踏まえるとどっちが人気と一概には決めることができませんが、エコジョーズのほうが多くのメリットがあったといえるでしょう。

比較早見表

機種 エコジョーズ エコキュート
大きさ 小さい(○) 大きい
費用 安い(○) 高い
ランニングコスト 高い 安い(○)
エコ 同じ 同じ
水質 飲用可能(○) 飲用不能

それぞれを選ぶべき時は?

エコジョーズとエコキュートは、見た目や仕組みが全く異なります。エコキュートを選ぶタイミングは、家を新築するときやオール電化にするタイミングがおすすめです。オール電化住宅の場合は、通常よりもお得にプランに入ることができます。エコキュートは場所を取るため、新築のタイミングで導入したほうが設置しやすいのです。

新築やオール電化にする予定がないのであれば、エコジョーズを導入したほうがいいでしょう。導入費用が安くコンパクトになっているので、場所を選ばないのが魅力です。

エコ給湯器の比較まとめ

エコジョーズとエコキュートを比較してみたところ、それぞれメリットがあることがわかりました。

導入費を安く抑えて設置面積が少ないものを望むならエコジョーズですが、ランニングコストが安いものを重視するのであればエコキュートです。

人によって求めるニーズは異なるので、給湯器に何を求めているのかを明確する必要があります。

エコ給湯器の導入を考えているのであれば、業者に相談してみましょう。

数ある選択肢の中からあなたの家に合った給湯器を相談することができます。

>>エコ給湯器の取り扱いがあるおすすめの給湯器業者

 

免責事項

当サイトは2018年1月現在、個人が収集した情報をもとに作成しています。情報元は給湯器業者の公式サイトですが、一部個人ブログや問い合わせで得た情報も掲載しています。最新の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各社の公式サイトをご参照ください。

サイトマップ